紅葉の松川温泉から 初冬の三ツ石山荘へ

グループ銀世界が始動しました。毎年恒例の山小屋への薪運びが24日(土)行われました。当初は三ツ石山荘と八幡平の陵雲荘へ荷揚げする予定でしたが、降雪によりアスピーテライン通行止めのため、三ツ石山荘にのみ薪を運び上げました。松川温泉周辺は紅葉の真っ盛りで、多くの観光客が松川渓谷でカメラを構えていました。スタートは小雨でしたが、登るにつれてみぞれから雪に変わり、早くも銀世界を見ることができました。三ツ石小屋に薪を納めた後に芋の子汁で暖まりました。また、サプライズはM氏の百名山完登の「おめでとうケーキ」で、皆で祝福しました。帰りにはナメコ、ムキタケ、ボリ等に出会い、晩秋を堪能しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です