冬の里山を楽しむ

12月20日(日)、盛岡市大ケ生にある黒森山に行きました。里山とはいえ標高837m、標高差700m弱、深沢コースを登ること2時間半弱、下りは峠までの尾根道の滑りやすい土塁?の背に緊張を強いられる侮れない山です。南部赤松の多い山で松茸もとれるらしいです。山頂からは紫波三山が良く見えます。また、岩手医科大学付属病院の大きさもひときわ目をひきました。一同、穏やかな初冬の里山を楽しんできました。

下山後に、金を採掘したという万寿坑を見ることができました。年中13℃という坑道の中で、コウモリをまぢかに見ることもできました。一見の価値があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です