岩手山 氷の七滝

大寒を過ぎた1月23日、八幡平市の県民の森から七滝の氷の具合を見に行ってきました。七滝は末広がりに氷柱をぶら下げて大きな氷瀑を作っていました。その後、登山道沿いを登り1168m付近まで岩手山の懐に入りました。傾斜が急になり雪が氷になりかけたので諦め、スキーでブナ林を快適に滑り降りてきました。帰路、昼食休憩に再び七滝によると、多くの滝見客が休憩していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です