表紙絵ギャラリー/2021年4月「ドーム状の緊張した山域」

秋田県東成瀬村の「ビューポイント栗駒」に前泊し、翌朝、下東山(1117.2m)の北側 877m地点を目指した。
スタート間も無く急登が続き、831m地点から小鞍部への下りでドーム状となり、35 度以上の急斜面で、ロープや木に摑まり慎重に下った緊張した山域を描いてみた。
“県境の風”の表紙ともなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です